想像を遥かに超える「自由さ」そして「挑戦の機会」があった

 

■お客様の成長を通じて、自身もコンサルタントとして成長したい

大手税理士法人で勤務していた立石。
ベンチャー企業から中小企業のクライアントに対して、税務会計の顧問業務を中心に一部コンサルティングも行っていたという。
日々クライアントのために全力を尽くし続け、やりがいを感じ始めていたが、一方で少しばかりのもどかしさがあった。

「コンサルを通してお客様が成長するにつれて、自分が提供できる内容もレベルアップしたいと思ったんです。」

転職に踏み切る1年も前のことだったと立石は語る。

中小企業が成長し次のステージを目指す際、より大きな提案や業務にチャレンジしたい。
そう感じるようになったのだ。

実際に転職活動に踏み切れたのは、2012年の年末に退職してからだったが、
紹介会社からお勧めされたのが、みらいコンサルティングの存在だった。

 

■企業の実態を正しく知りながら、次のステージへ

「転職活動にあたって、最も重視していたのは自分が成長するためにやりたい仕事がそこにあること、でした。
一部企業は、ホームページや会社案内などで良く見せようとしていて、上辺だけの情報になってしまいがちに感じていた。やりたい仕事を実際にできるのか不安でした。」

立石はそう語る。

「企業の実態を知るためには、一次情報が一番に信用できます。
面接で直接質問し、自身のやりたいことが実現できるか聞いてみようと臨みました。」

立石の面接は当時の大阪支社長や代表が担当だった。

・やりたいことに挑戦できるか。
・ノルマや数字に拘束されることはないか。

聞きたかったことを聞くこともできたが、何よりみらいコンサルティングという会社が魅力的に感じた。
その瞬間、みらいコンサルティングへの転職を決意した。

 

■想像を遥かに超える「自由さ」そして「挑戦の機会」

自由な社風に惹かれて入社した立石。
実際は想像を遥かに超える「自由さ」そして「挑戦の機会」があったと語る。

「入社してから2年目で当時の大阪支社長と税理士法人の代表に岡山事務所立ち上げの提案をしたんです。そしたらまさかそのまま通ってしまって…(笑)
それでも、立ち上げに際して必要な手続きや準備を進めるだけかと思っていたのですが、なんと事務所長まで任せてもらえました。」

この状況に立石は驚きを隠せなかったという。
ある程度前職で経験は積んでいたとは言え、通常であれば中途2年目の社員にここまで大きなプロジェクトを任せるなど想像すらしていなかったからだ。

思わぬ抜擢に対して立石は見事岡山事務所の立ち上げに成功し、翌年(3年目)には大阪支社長を任されるまでになった。

ここまで入社年数の浅い社員であっても挑戦の機会を与えてもらえること、そして指示されて行う業務ではないことからくる自由さとやりがいを感じることができたそうだ。

■自由な環境だからこそより早く成長できる

「みらいコンサルティングは、周りが決めたことではなく、自分自身で考えたことを行動に起こすことができる会社です。」

そう語る立石は、お客様に対するスタンスについて次のように考えている。

「お客様のためを常に考えて私達ができるサービスを提供できる環境にあります。
お客様との関係性や自社の都合などで、自分の意に沿わない提案強いられることは全く無いですね。
お客様のことを第一に考えて仮面を被ることなく動ける、それがみらいコンサルティングです。」

お客様第一を貫き通す立石は、過去にこんな経験をしたという。

「あるお客様のサポートをしていたとき、明確な課題が解消されたため、自分から契約解除を提案したんです。
ところが、お客様からはこの関係性を続けたい、契約解除はしたくない、と言われ、今でも定期的なサポートや一緒に飲みに行く関係性が築けています。」

目に見える経営課題を解決することはもちろん大切だが、お客様に必要とされるコンサルタントになるために本音でお客様第一の関係を構築することができたと、語ってくれた。

 

■お客様の未来を、仲間と一緒に考えて提供する

みらいコンサルティングに転職してみて良かったこと・・・

「良くも悪くも自由な会社です。悪く、というのは、自分で能動的に動けない人にはつらいかも、という意味です。」
「企業文化として建前ではなく、本音で、正しいとされることやこうあるべきだということを貫くことができますね」

立石はみらいコンサルティングの魅力について笑顔で語る。

ノルマ中心の企業やプレッシャーに追われる大手の企業ではない会社を創りたい。
そういった考えを持ったメンバーがいるからこそ、自由な環境が醸成され、本音でお客様と向き合う文化が根付いたと感じることができる。

こういった環境でこそ、お客様の満足度を上げ
自身もより大きなステージへ飛躍することができるのだ。

この自由な環境で、今日もお客様第一に考えながら立石は仕事に取り組んでいる。

 

他のインタビューはこちら

大阪支社長兼福岡支社長
立石守

2013年入社
前職:100名規模の税理士法人

近藤 雅浩

2013年入社
前職:大手監査法人

守田 善紀

2015年入社
前職:100名規模の税理士法人

家森太朗

2016年入社
前職:国内系大手会計系コンサルティング会社

松岡勇治

2016年入社
前職:個人税理士事務所

眞船雄史

2009年入社
前職:個人税理士事務所

 

島村智彦

2016年入社
前職:100名規模の税理士法人

遠藤昭洋/大内典之/中山将大

2018年入社
前職:税理士法人/新卒/新卒

 

 

 

みらいコンサルティンググループの紹介

みらいコンサルティンググループの社員紹介


ENTRY
MENU