チームコンサルティングで圧倒的に広がっていく仕事の幅。

■自分の仕事の幅を広げたい

「”人に会う”という仕事をしたかった。」
そう語るのは、10名規模の個人税理士事務所に勤めていた松岡。

当時仕事をしていく中で、知識や経験を積んでいく反面、もっとネットワークが広い環境で「自分の仕事の幅を広げたい」という葛藤があったという。

そんな中、紹介会社のエージェントにみらいコンサルティングを紹介されたのだが、当時の松岡はみらいコンサルティングをほとんど知らなかったという。

それにもかかわらず、転職に踏み切ったそのきっかけとはーーー

■決め手は”チームコンサルティング”

「とにかく仕事の幅を広げてキャリアアップをしたいという思いが強かったんです。」
「労務面や会社が関わる法務全般やシステム・ブランディングなどの経営全般の知識を身につけ、会社を良くして行くこと=コンサルティングをやっていきたいと思っていました。」

と、転職活動を始めた頃の様子を語る。
その中で知った、みらいコンサルティングの存在は衝撃だったという。

「みらいコンサルティングに転職を決めた一番のきっかけは、”チームコンサルティング”にあります」

と、松岡は語る。
税理士、社労士、司法書士など、様々なプロフェッショナルたちと共にチームを組み、総合的な視点からコンサルティングを行えるのが、みらいコンサルティングの大きな特徴だ。

それまで他士業と提携の範囲内で仕事をしたことはあったが、同じ組織内で仕事をしたことはなかったとのこと。
他社にも内定を得ていたが、他士業の資格者や専門家と同じ立場で、チームとして働けることを魅力的に感じ、みらいコンサルティングに就職を決めた。

■格段に関われる仕事の幅が広くなる

前職と比較して、何が大きく変わったのか。

「やはり、いろんな専門家がいる、ところです。既に他社の支援で経験を積んでいる、という人がいて、しかも気兼ねなく相談できるし教えてもらえる。だから安心して自分がやったことがない仕事にもチャレンジできるんです。」

格段に関われる仕事の幅が広くなるー・・・こうした声は松岡だけではなく、みらいコンサルティングへキャリアアップした多くの社員が語っているとのことだ。

■自分がやりたいことを尊重してくれる環境がある

もっと様々な人と関わりつつ、自分の仕事の幅を広げたいと、転職に踏み切った松岡。
実際に働いている中で、みらいコンサルティングの環境は松岡の目にどのように映っているのか、聞いてみた。

「自分がやりたいことに対して、尊重してくれる環境があります。また、目指している先輩や、チームの方々なども、建設的なアドバイスをくださるので、より自分の得意領域を広げ、成長できる機会は多いと思います。」

松岡は、転職を機会にやりたいことができるようになり、仕事に日々やりがいを感じているという。
ただ、彼自身まだまだ仕事や先輩から学ばせてもらうことは山積みであり、これからも良いテンションを感じながら仕事に没頭していきたいと語っていた。

こうした、成長機会がたくあり、かつチャレンジングな環境が備わっているというのも、みらいコンサルティングの大きな特徴だ。

■”人に会う”仕事をしたかった

インタビューの中で、松岡が何度も語っていたのが、”人に会う”仕事をしたかった、という言葉だった。

「大手会計事務所にいる知り合いから話を聞くと、一般の社員レベルでは、お客様=経営者や幹部に会う機会はほとんどないとのことでした。」

お客様と自身が直に接しながら成長していきたかったという松岡。そのため、最初から大手会計事務所へは応募しなかったそうだ。

現在松岡は、自分の知識不足で葛藤する時もあるが、濃厚な人との繋がりを通じて得た刺激を受けながら、日々充実した時間を過ごせているという。

転職して2年目の松岡。
自分自身の壁を越え、さらに飛躍するために、彼の挑戦は、これからも続いていく。

他のインタビューはこちら

大阪支社長兼福岡支社長
立石守

2013年入社
前職:100名規模の税理士法人

近藤 雅浩

2013年入社
前職:大手監査法人

守田 善紀

2015年入社
前職:100名規模の税理士法人

 

家森太朗

2016年入社
前職:国内系大手会計系コンサルティング会社

松岡勇治

2016年入社
前職:個人税理士事務所

 

 


 

 

みらいコンサルティンググループの紹介

みらいコンサルティンググループの社員紹介


ENTRY
MENU