本当に自由な会社。仕事とお客様は自分で決められるし、サポート体制もバッチリ整っている。

■異動を提示されて訪れた転機

大学院時代に税理士資格を取得、事業会社を経て全国的にも有名な100名規模の税理士法人に就職した守田。
前職のことを振り返ってもらうと、
「中小企業の経営支援を行いたくて入社しましたが、担当件数が非常に多く、1社1社に十分な時間を割くことが難しく、理想と現実とのGAPに葛藤を抱えていました。」
とのこと。

自身の目指す経営支援をやりたいのにできないことにフラストレーションを感じていたため、本気で取り組める環境を探そうと思い転職を決意したそうだ。

■事業承継分野に携わりたい・・・転職活動の軸とは

やりたい業務ができる会社に入りたい-・・・

その想いから転職活動時には様々な大手税理士法人も見たという。

「事業再生はしているけど、事業承継はしていないのか・・・」
どの大手税理士法人でも事業承継をしていると思っていたが、現実は違ったようだ。

何社か見ていくうちに、最終的に事業承継分野を行っているみらいコンサルティングに絞られたという。

みらいコンサルティングの選考では大きな不安はなかったが、
実際にどんな人が、どのように働いているのか、そういった不安は心のどこかに潜んでいたという。

知人の紹介だったこともあり、勤務している社員に会って話を聞くことで、僅かに残っていた不安は一瞬で消えた。

■コンサルティング会社のイメージ変化

みらいコンサルティングでは当初からやりたかった事業継承の案件に関わることができた、
と語る家森。

「こんなにも個々の自立を求められ、自由に思ったことを発信・発言できる会社はなかったですね。
これまでの職場では上司の顔色を伺いながらでしたが、今はそんなことが一切ないんです。」

・上下関係が全くない
・主従関係ではなく、あくまでチームで動く
・年次・年齢に関わらず、すべて敬語で話す
・能力の高いメンバーが集まっているからこそ、お互いにリスペクトをしながら仕事をやれる
・体育会系のノリは全くない

一般的なコンサルティング会社にありがちな要素は全く感じられず、働きやすい職場環境に衝撃を受けたという。

 

■誰からも縛られない自由な環境とサポート体制

自由な環境で上下関係に縛られることなく仕事ができる-・・・
そういった環境にあるみらいコンサルティングだが、他にも感じた環境の違いがいくつもあるようだ。

「本当に自由で仕事やクライアントは自分で選ぶことも出来ます。
仕事のやり方も任せてくれますし、困ったときは周りのサポート体制は抜群にあります!」

次から次へとみらいコンサルティングの魅力をイキイキとしながら嬉しそうに家森は語る。

「前職では帰宅時間の遅い日が続いていたが、圧倒的に早くなりました。
その結果として精神的部分の負担感は少なくなり、資格などを勉強する時間が増えたんです。
時間に余裕ができると、自身の事だけでなくお客様のことについて考える時間もが増えましたね。」

仕事とプライベートの両立もみらいコンサルティングでは実現ができる。
仕事に必要な自己研鑽をしてもよし、自身のやりたいことに時間を割いてもよし。

時間の自由さも手に入れることができた。

■自由な社風、そして周りの支えがあってこそ

今回の取材の中で家森が語るのは、みらいコンサルティングという会社の『自由さ』と周りのメンバー同士でお互いを支え合う『サポート体制』というキーワードだった。

誰しもが転職活動の際に自身がやりたい仕事の追求をするものだが、家森の場合、仕事内容における自己実現だけでなく、周りから制限されることのない自由度の高さと困ったときの周囲のサポート力に感銘を受けたようだ。

類似の事業内容を取り扱う企業は多く存在するが、ここまで環境面も整っていなければ、今頃みらいコンサルティングで活躍していなかったかもしれない。

入社してまだ2年ではあるが、この恵まれた環境に満足することなく、
お客様のために、そして自分自身の成長のために日々の業務へ全力を尽くしている。

他のインタビューはこちら

大阪支社長兼福岡支社長
立石守

2013年入社
前職:100名規模の税理士法人

近藤 雅浩

2013年入社
前職:大手監査法人

守田 善紀

2015年入社
前職:100名規模の税理士法人

 

家森太朗

2016年入社
前職:国内系大手会計系コンサルティング会社

松岡勇治

2016年入社
前職:個人税理士事務所

 

 


 

 

みらいコンサルティンググループの紹介

みらいコンサルティンググループの社員紹介


ENTRY
MENU