キャリア

キャリア

みらいコンサルティングで積めるキャリアとは?その特徴をご紹介致します。

①大手から中堅・中小企業がクライアント

通常、コンサルティング会社のクライアントは規模の大きい大手企業が一般的。大手企業は経営課題やニーズが細分化する=各部門の担当者からの依頼がメインになるため、自然とコンサルタント側も専門特化していくことになります。
一方、みらいコンサルティングは名が知れた上場企業のみならず、中堅・中小企業も大切なクライアントになります。つまり、担当者ではなく、経営者が抱える多岐に渡る課題の相談相手になっていきます。

例えば、とある中堅銀行から「企業再生」について依頼があったケースでは…

 Step1 企業再生支援
 Step2 業績が回復 
 Step3 回復したところで事業承継支援の課題が浮上
 Step4 スムーズな事業承継の手段として、IPO支援を提案

といったように、経営課題のサイクルが早い中堅・中小企業は1つの課題解決では終結しないケースが多々あります。

②すべてのサービスに関われる可能性

通常のコンサルティング会社が専門に分かれて成立する総合病院ならば、みらいコンサルティングは、症状を包括的にみていく、いわば町医者としての機能も有していることになります。
つまりそれは、その分幅広く企業を見られる力、幅広い知識を身に着ける機会があるということ。
特定の領域のサービスしか行わないということではなく、お客様のお困りごとに合わせてチームを組んで課題解決にあたるため、様々なサービスに関与できる可能性があります。

③専門特化の道も、総合的な経験を積む道も

入社後の歩み方として、専門特化していくスペシャリストの道もあれば、このように幅広く関わるゼネラリストの道もある、ということがみらいコンサルティングのキャリアの大きな特徴となっています。
例えば企業再生分野をひたすら極めていくことも、IPO、M&A、再生、海外進出支援・・・すべてに関わっていくことも、みらいコンサルティングであれば可能です。
そして、結果としてまた監査業務に戻りたくなった、という場合でも、グループ会社の監査法人に異動いただくこともできます。
あなたの興味・志向性に応じて、柔軟なキャリアを選択してください。

こういった柔軟なキャリアパスが描けるのも、個人の売上ノルマがなく、労働時間にも余裕がある働きやすさがあるからこそ。ぜひ、当社が大切にしている「働きがい」「考え方」もあわせてご覧ください。

監査法人出身の方

①監査法人出身者がみらいコンサルティングを選ぶ理由

監査法人出身のコンサルタントに、自身の転職経緯を聞くと、「監査だけではなく色々なことにチャレンジしたかったから」と、口を揃えて言います。
ではなぜ監査法人のアドバイザリー部門や子会社のファームへ転向しなかったのか。

■明確な専門領域を持つスペシャリストとしても、様々な領域を経験しながら成長できるゼネラリストとしての道もある環境だから

■コンサルティングファームにありがちな、ワークライフバランスを崩してしまうような働き方はしないから

■独立系ファームの自由さがある一方、監査法人子会社であった成り立ちから監査法人出身者でも職場の雰囲気に親和性を感じられるから

みらいコンサルティングを選んだ理由として、監査法人出身の社員からは特にこういった声が多く寄せられました。

②コンサルタントになるために

一般的に、派手なイメージを持つ経営コンサルタント。
しかし実際は、監査の知識だけですぐにコンサルティングができるようになるわけではもちろんありません。
みらいコンサルティングは、入社直後からコンサルティングの現場に同席することができますが、担当業務によっては地道に資料を作成していく場面もあります。
特に、どの領域に関わっていきたいか、まだ方向性が定まっていないうちは、そういった資料作成を通してやりたいことを自分で見つけていく力も必要となります。

監査法人出身の社員のページも、ぜひあわせてご覧ください。

(写真をクリックいただくとリンク先にとびます)

事業会社・コンサルティングファーム出身の方

みらいコンサルティングでは、資格者ではなく、一般の事業会社やコンサルティングファーム出身の社員も多く活躍しています。
一般的なコンサルティングファームとは異なる点としては、その専門性の高さやサービス領域の広さがあげられます。
平たく言えば、何でもできる環境ゆえ、何がやりたいのか、何の経験をしたいのか、どういったキャリアを歩みたいのか、目的意識をしっかり持つことが非常に大切になります。

上場を目指す成長企業、そして上場企業大手の会社とお付き合いができるという当社の魅力。「お客様」という枠を超えて、自分が本気で支えたい経営者に出会い、一生のお付き合いをしていく「生涯顧客」の存在は、みらいコンサルティングならではの関わり方です。

当社のクライアントに対する考え方など、詳細はこちらもあわせてご覧ください。

新卒:公認会計士の方

一生に一度の新卒入社は不安や迷いがつきものです。

例えば当社ならば、経営コンサルタントとして活躍する幅広く活躍する道も、高い専門性を持ち合わせるスペシャリストとしての道も、監査法人に進む道も選択できます。
様々なキャリアを持つ先輩たちに囲まれながら、あなたが生き生きと活躍できるキャリアを描いていきませんか?

コンサルティングファームは、お客様とやりとりするのはプロジェクトの一部のメンバーのみで、あとはひたすら社内で書類作成、というケースも珍しくありません。
一方みらいコンサルティングは、入社直後からコンサルティングの席に同席できるようにしています。
1・2年目は、中堅・中小企業の経営者や、大手企業の担当者と打ち合わせ、 3・4年目から大手企業の経営者と話ができるようになります。
相手の顔を見ながら仕事がしたい、という方向きの職場です。

ENTRY
MENU