社員紹介

社員紹介

松本 太一

 

松本 太一(マツモト タイチ)

みらいコンサルティング株式会社
専門領域:海外事業支援、財務デューデリジェンス、事業計画策定支援

入社年:2003年
生まれ:1976年

最終学歴:慶応大学 総合政策学部
前職:事業会社

 

転職経緯/MCに入社しようと思った理由

公認会計士の資格取得後、会計監査を行い処理ミスを指摘する監査法人よりは、
クライアントの立場に立ち改善や成長を支援できるコンサルタントとして仕事をしたいと考えたためです。

現在の仕事内容

海外進出検討中の企業に対する、海外でのビジネス展開戦略の検討・現地法人設立・日本人の海外派遣に関する労務制度の構築等の支援を統括し、
また、進出後の企業に対しては、海外現地法人運営に関する課題の明確化と改善のための体制構築の支援を行っています。
さらに、昨今は各国の状況も刻々と変化しているため、赤字が続く場合には撤退または持分売却を検討するなど、出口戦略の検討・実行の支援も行っています。

仕事で”やりがい”を感じる瞬間

海外の状況は日本国内からは見えないことが多いですが、クライアント担当者と一緒に現地を実際に見に行き、
現地の社員と対話をすることによって、判明することがたくさんあります。

いままでもやもやしていた漠然とした不安がクリアになり、「何をすれば改善できるか」をクライアントと共有できた瞬間が、
更なる成長の第一歩となり、その場に一緒に立ち会えることにやりがいを感じます。

入社前と後で感じたギャップ

考えていた以上に、ハードで、泥臭い仕事もあります。
クライアントが厳しいビジネスの世界で生き抜いている中で、コンサルタントだけが楽でスマートなはずがないと改めて実感しました。

あなたが感じる”MCの強み”

「利益」は大事ですが、それよりもさらに大事なものがあるという価値観。特徴あるコンサルタントがたくさん存在し、各自が意見を率直に交換することで、
クライアントにとって何が最適かを考え続けることができる風土。

一緒に働く仲間の印象

とても「素直」な人が多い

MCで思い出に残っていること

前役員に掛けてもらった言葉。非常に自信にあふれた人であったが、なぜそんなに自信をもてるのか?とたずねたとき、
「俺も毎日、クライアントからの帰り道では、『何であんなことをしたんだろう、何でこう言ってあげなかったんだろう』と
後悔しながら帰っているんだよ、といわれたこと。

コンサルタントも一人の人間であり、そのことに素直になって仕事をしていけばよいのだと強く思っています。

MCで働いて得たもの

自分の仕事に対する人生観が明確になったと思います。

今後のやってみたいこと・夢・キャリアプラン

日本の市場や、若者のエネルギーは衰退傾向。
元気な中堅企業の社長を支援することを通じ、日本の「本当のよさ」を取り戻していきたいと考えています。

どんな人と一緒に働きたいかどんな人にMCをお勧めするか

物事をストレートに、素直に考えることができる人。悩んだり怒られたりすることを、前向きにとらえることができる人。

求職者へのメッセージ

誰でもはじめはゼロからスタートしているはずです。
その初心を忘れずにいれば、コンサルタントという「クライアントを支援する」職業にストレートに取り組んでいける会社です。

当社では、「利益」や「報酬」はもちろん重視しますが、それを超える価値観が存在しています。
この価値観の内容は一言では言いあわらせませんが、クライアントを純粋な立場で支援し、自分の職業観を豊かにすることができるものだと思っています。

プロフィール

公認会計士、国際ビジネス部長。

再生・成長ステージにある企業の事業計画の作成や、事業承継の推進などを支援。
国内業務で得た経験を​海外に展開し​、海外​子会社​の財務実態・事業内容調査​、グローバル視点からの事業計画の策定、管理体制の構築​・​運用等をサポートしています。

ENTRY
MENU